2.スローガン活動方針

◇2021年~2022年度

川之江中央ライオンズクラブ 第32代会長 石川 剛

【会長挨拶及び会長方針】Exif_JPEG_PICTURE

前々会長の頃から世界を覆うコロナ禍ですが、ようやくワクチン接種が開始され、少しず     つ収束に向けた気配が見えてまいりました。しかし、まだまだ今後の予断を許さない状況    であることも事実です。そのような世相を受け、ライオンズクラブ全体においても奉仕活    動のみならず例会の開催も十分に行われていないクラブもあると聞き及んでおります。一方、本クラブは、幸い例会を再開することができており、奉仕活動も屋外で行うものについては実現してまいりました。

今期は、このような世の中の状況にあっても、継続は力なりということで、身近なところから、できる活動を続けていくことが大事ではないかと思いスローガンに掲げさせていただきました。

本クラブの和気あいあいとした雰囲気を保ち続け、コロナ禍の中進んで行ければと考えておりますので、皆様方には大変ご苦労をおかけすることもあるかと存じますが、力を合わせて一生懸命頑張ってまいりたいと存じますので、何卒ご理解のうえご協力くださいますようお願いいたします。

【会長スローガン】

   『継続は力なりと信じて、身近なところから

                          奉仕の輪をひろげよう』

~~~努力目標~~~

1.奉仕活動の継続   2.例会の充実  3.会員増強

 

 

 

国際会長 ダグラスX.アレキサンダー

テーマ  「We  Serve」   

メッセージ 「心からの奉仕を」

アレキサンダー

◇336-A地区ガバナー 蔵本 守雄 (4R-2Z 高松源平ライオンズクラブ)

◆ガバナースローガン「命燃やして恋せよライオンズに」

キーワード    「Overcome」

ガバナー写真